学科のカリキュラム

学生諸君が持つ力を育むためのカリキュラム構成はおおよそ以下のようになっています.

curriculum_img.jpg

1〜2回生では,大学生として必要とされる基礎的な教養を身につけるために,総合教育科目・スポーツ科目・英語科目が重点的に配置されています.一方で,高度な専門分野を学ぶ土台を作るべく,専門基礎科目(数学など)と情報系の共通専門科目を1回生から学び始めます. 2~4回生では,それらを基にして,より高度な専門分野を学ぶことができます. さらに,情報システム学科のカリキュラムでは,1回生から4回生まで連続して実験・演習科目を配置するなど,講義で得られた知識を体得できるようにも工夫されています.特に,3回生後期から始まる卒業研究1~3では,研究室へ配属され,先生や先輩方と一緒になって最先端の研究を進めることができます.

なお,シラバス(各科目の概要や実施方法などを記述したもの)は下記のURLにありますので,ご参考にどうぞ.

総合教育科目(グレー)・英語科目(水色)

<学部全体で共通>

総合教育科目は,例えば,日本国憲法,哲学と人間など,大学生としての基礎的な知性と教養をつけるための科目が用意されています.通常1〜2回生のうちに履修します.

英語は,1回生時に英語1〜6,2回生時に英語7〜10が配当されています.

専門基礎科目(オレンジ)

<学部全体で共通>

理系を専門とする者として必要となる基礎的な科目です.数学,物理,化学,生物科学1・2があります.通常1〜2回生のうちに履修します.

共通専門科目(ベージュ)

<学部全体で共通>

情報系を専門とする者に共通的に必要となる専門知識を習得するための科目です.通常1〜2回生のうちに履修します(離散数学のみ3回生).

キャリア養成科目(緑)

<学部全体で共通・連携講座2のみ学科独自>

企業の方に講演をしていただく企業連携プログラム,LSIの設計を学ぶMELPECプログラムなど,将来のキャリアを広げるための科目があります.企業連携プログラムには,科目として連携講座1〜2があり,このうち連携講座2が各学科ごとに独自で開講しています.

情報システム学科の特徴・学科専門科目(ピンク)

上記の図のうちピンク色のところが学科独自の科目群です.学科に配属された後の2回生〜4回生で履修します.

情報システム学科の扱う分野は,情報分野の核となるところに位置しています.情報システム学科の主な柱は次の通りです.

  • 数理・基礎系
  • コンピュータアーキテクチャ系
  • ソフトウェア工学系
  • 言語系
  • システムソフトウェア・ネットワーク系
  • データ工学系
  • 応用技術・情報システム系

数理・基礎系は,情報技術のうち,特に数学に強く基づいている分野の専門科目です.デジタル信号処理,統計データ解析,情報セキュリティなどがあります.

コンピュータアーキテクチャ系は,コンピュータの仕組みを学ぶということです.具体的には,計算機構成論,計算機システムなどの科目がありますし,情報システム学実験1では論理回路実験が,実験2ではボードコンピュータ実験が,実験3でもFPGAを使った実験があります.コンピュータのハードウェアとしての正体を知ってこそソフトウェアのプロになれるというものです.

ソフトウェア工学系は,「こんなことがしたいな」という漠然としたニーズから,「ではこんなソフトウェアを作りましょうか」という仕様を決めることだったり,ソフトウェアの設計・開発・運用という一連の流れをスムーズに進める方法だったり,ソフトウェアの品質を向上する手法だったりを扱う分野です.具体的には,ソフトウェア工学,ソフトウェア仕様化技法,ソフトウェア開発管理といった科目があります.大きなソフトウェアをプロジェクトで開発する方法など,そういったことを知っていてこそ,社会を支える情報システムが作れるというものです.

言語系は,プログラムとは何か,どのような概念がプログラミング言語に取り入れられているのか,人間が記述するプログラムとコンピュータにとってのプログラムとの差は何か.そういったプログラミング言語における科学を学びます.単に特定のプログラミング言語を習得する以上の,先人によって積み上げられた知恵を習得します.プログラミング論,オブジェクト指向論,言語処理系などの科目があります.

システムソフトウェア系は,ソフトウェアのためのソフトウェアです.皆さんがプログラムを作成したり動かしたりする場合に必要なソフトウェアがあります.例えば,オペレーティングシステム(OS)がその代表と言えます.また,最近では,仮想化技術のような,コンピュータ上でコンピュータハードウェアをソフトウェア的に生成し,1台のコンピュータ上で同時に複数の種類の異なるOSを動作させるような技術もあります.クラウドコンピューティングはこういった技術によって支えられています.オペレーティングシステムやシステムソフトウェア構成論などでそれらをしっかりと学びます.また,ネットワーク系も,インターネットの仕組みを学ぶ科目のコンピュータネットワークに加え,ネットワークに接続された複数のコンピュータシステムが協調しながら複雑で大規模な処理を実現するための技術も学びます.具体的には,分散システムや分散コンピューティングといった科目があります.

データ工学系は,コンピュータで処理の対象となるデータに着目した科目群です.上手なデータ処理方式を学ぶことによって,現実社会で問題となっている事柄を解くことができるようになります.具体的には,データベース設計論,データマイニングといった科目があります.ビッグデータのようなキーワードで語られる,超巨大なデータの中から,特徴を抽出し,経営・商品開発の効率化等に使用するのはこの分野です.

応用技術・情報システム系は,上記でコンピュータに関連する様々な技術を組み合わせて,より応用的な用途に結びつけていくための技術を学びます.具体的には,コンピュータグラフィクス,人工知能概論,自然言語処理などがあります.

以上のように,情報システム学科の分野は,他学科と異なり,コンピュータそのものソフトウェアそのものを中心としています.すなわち,コンピュータを対象とする進歩の速いこの分野において,偏りの無い知識・経験・技術を習得できることを意味しています.したがって,進歩の速さに負けることのない底力をみなさんも身につけることができるということです.みなさんも,将来,自分の目指す場所で活躍したいと思っていることでしょう.その時に,ここで得た底力が必ずや役に立つことでしょう.

カリキュラム.txt · 最終更新: 2014/03/31 11:42 by mouri
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0